ローグ コロッサルクラウドIPA 355ml缶

販売価格
616円(税込み)
会員価格
604円(税込み)
在庫
8
商品コード
45228

数量

カテゴリー
アメリカ/USA
メーカー
ogue/ローグ アメリカAmericanオレゴンOR/USAビール
ブランド
ColossalClaudeIPA/コロッサルクラウド Imperialインペリアル

オリジナルグラスOriginalGlass:Rogue Pint Glass / X’mas 300ml
shot Glass / Tasting Glass
ローグからUMAモンスターシリーズのフラッグシップインペリアルIPAが登場。怪物級に大量なカスケード、チヌーク、シトラ、ストラタホップを使用。伝説を麦酒で味わいましょう。
誰もがUMAや伝説の生き物に魅了されます。コロッサル・クラウド(Colossal Claude)は別名マーヴィン怪獣とも呼ばれ、オレゴン州コロンビア川付近で発見された海坊主の名前。
ColossalClaudeは、長さ15~40フィート、首の長さ8フィートと言われています。それは、ヘビ、馬、またはラクダのような頭と長い曲がりくねった尾を持つ丸い黄褐色の体を持っています。オレゴンの海の怪物。
亜種名: マーヴィン。
身体的特徴: 長さ、15~40フィート。丸みを帯びた褐色の体。蛇または馬のような頭。首、長さ8フィート。ロングテール。
行動:釣り糸を襲撃します。
分布: オレゴン州コロンビア川の河口と隣接する海岸。
重要な目撃情報: 1934 年、コロンビア川灯台船の仲間であるLAラーソンは、川の河口で40フィートの動物を目撃。乗組員は双眼鏡でしばらくそれを観察。
1963年、オレゴン州沖での石油探索中に、シェル石油会社は、フジツボの尾根を持つ15フィートの動物が180フィートの水の中を泳いでいる様子を示すビデオテープを記録しました。出典: ピーター・ケアンズ「Colossal Claude and the Sea Monsters」オレゴン州ポートランド1967年9月24日。
It's been a few decades since a Colossal Claude sighting has been reported, but we're fairly certain the massive sea monster has been laying low off the coast of his favorite brewery.
Word has it that after years of terrifying sailors and feasting on salmon he acquired a taste for hops.
So we brewed this Imperial IPA with a colossal dose of Cascade, Chinook, Citro and Strata hops in hope of coaxing Claude out to join us for a pint.
Ingredients: Superior Pills, 2-Row, Wheat, Oats, C-15, Cascade, Chinook, Belma™, Eureka, Strata™, Imperial Juice yeast
では、オレゴン州に貢献した人気のある、あまり現実的ではない獣は? 答えは……コロッサルクロードColossalClaude。海の生き物です。
ライトシップコロンビア号の乗組員は、1934年の比較的穏やかな日、コロンビアリバーの向こう側で、クロードを最初に発見したとされています。「長さは約40フィートでした」と乗組員のLAラーソンは後に回想しました。「約8フィートの長さの首、大きな丸い体、意地悪な尻尾、邪悪で蛇のような頭を持っていました。」その日、ラーソンはクロードを見つけ、仲間の乗組員に知らせます。彼らは双眼鏡でしばらくそれを見ていたあと、ボートを降ろす許可を求め、「それを追いかけたが、警官はボートが水浸しになることを恐れて計画を思いとどまらせた」。「蒸気船をコロンビア川の河口に安全に出入りさせる為、誘導灯と無線で管理した」コロンビアでの任務は、現時点では悪名高いほど雑なものでした。この目撃の少し前の1934年1月、オレゴニアン紙は、船の乗組員が1か月の危険な嵐によく耐えたが、結果、乗組員が一人だけ負傷したと報告しました。記事では「彼は正気を失った」と伝えている。とはいえ、クロードの目撃情報は、海上での過酷で危険な作業の結果として単純に片付けることはできません。漁師や他の船の乗組員も巨大な蛇を見ました。1937年、トロラーがアストリアに停泊し、船長が上陸、「長さ約40フィート、胴回り4フィートの、大きくなりすぎた馬の頭を持つ、長くて毛むくじゃらの黄褐色の生き物」を見たと報告しました。話を聞いていた地元の漁師たちは頷いた。「クロードだ」と一人が言った。海洋生物学者は、クロードはおそらくジンベエザメか何らかの異形であると述べたが、その時までに伝説はそのような学識のある意見を圧倒していた。
1967年、オレゴニアン誌で、自分自身を「適度な飲酒と信憑性のあるポートランドの作家」と表現したピーター・ケアンズは、何年もの間、「コロッサル・クロードがスコットランドの伝説的なネス湖の怪物に対する州の主要な競争相手を提供するように見えた」と述べた。生き物は定期的に「評判の良い目撃者に見られたが、中にはホラ話もあったことは間違いない」。問題は、クロードがいなくなったことです。「かつて有名だったウミヘビは、1950年代半ば以降姿を現していません」とケアンズは認めました。そしてコロッサルクロードは今も行方不明のままです。実際、彼は 1967年のレポート以来、The Oregonianで言及されていません。-- ダグラス・ペリーOregonlive